FC町田ゼルビア(蒼き彼方に)

アクセスカウンタ

zoom RSS BEETHOVEN HAUS

<<   作成日時 : 2011/07/18 16:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

なでしこジャパンがドイツを破る歴史的な試合のあった日の朝、滞在中のデュッセルドルフから列車でボンに向かった。

目的は、BEETHOVEN HAUS、つまりベートーヴェンの生家の見学。

まずは、デュッセルドルフ中央駅で列車の切符を買う。

画像















自動販売機の画面はこんな具合で、切符にもいろいろオプションがあり、ちょっと分かりづらいが、なんとか購入できた。

画像















ちなみに、ドイツの鉄道の切符は下の写真のようなペラペラの紙。左がデュッセルドルフからボン、右がその復路。

画像


















さて階段を上がってホームへ。なんと、改札がない。そのままホームに行ける。

画像
















さすがにヨーロッパの鉄道だ。オーストリアのインスブルック行きの列車もある。

画像
















ボン中央駅に到着。こんな感じのホーム。

画像
















ボン中央駅の正面。

画像
















ボンという街は、もと西ドイツの首都があったとはとても思えないほど小さな街。お目当てのベートーベン生家へは、徒歩で10分もかからない。街中に道順もちゃんと示されていて、迷うことはない。

画像

















ベートーヴェン・ハウス到着。

画像

















あまり意味がないけど、表札です。

画像

















中は博物館になっていて、ベートーヴェンにまつわるいろんなモノが展示されています。残念ながら、写真撮影は一切禁止。あたりまえだな。

で、せっかくなので、オーディオ・ガイドを借りて、これを聞きながら館内を回ることにする。

このオーディオガイドは、借りるときに12ユーロ払うが、返却すると10ユーロ返ってきて、実質2ユーロで借りたことになる。まあまあリーズナブル。

画像














↑これはオーディオ・ガイドの機械。日本語のガイドを借りた。

ここでわかったことは、ベートーヴェンの作風、あるいは音楽観というもののかなりの部分を若かりしベートーヴェンに植えつけたのが、当時ボンの宮廷オルガニストであったクリスティアン・ゴットローブ・ネーフェ(1748-1798)であったのではないか、ということだ。

いかに天才でも、やはりその才能を引き出す「師」が必要だ、ということだ。ベートーヴェンにとっての師は、このネーフェだったに違いない。





その後足早に駅に戻り、昼食も取らずにデュッセルドルフに戻る。そして、TVで女子ワールドカップ準々決勝のドイツ対なでしこの試合を見て、歴史的勝利に大感激したのであった。

なでしこ勝利を祝って、その夜はドイツ料理にドイツビールで乾杯!

画像
画像
画像














デュッセルドルフのビールはアルト(Alt)という黒いビール。デュッセルドルフ地域だけのビールだそうだ。

いまドイツで流行しているのは、カレー味のソースのかかったソーセージであるCurrywurst(カリーヴルスト)なんだそうだ。食べると、確かに旨い・・・けど味がしつこく、しばらくすると飽きる(^o^;

でも、アルトはなかなか美味い。

ドイツでは、コップをコースターでフタしないと、何回でもおかわりが運ばれてくる(^o^;

デュッセルドルフはいま一番良い季節らしく、夕暮れのライン川沿いにはたくさんの市民がつどっていた。

画像
画像



すごく充実した、幸せな一日だった。





A14 地球の歩き方 ドイツ 2010~2011
ダイヤモンド社
地球の歩き方編集室

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by A14 地球の歩き方 ドイツ 2010~2011 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
BEETHOVEN HAUS FC町田ゼルビア(蒼き彼方に)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる